【歯を白くする方法】みかんを使えば白い歯が手に入る?実践者口コミ

白い歯を手に入れる方法として、果物が取り上げられています。

なかではいちごのホワイトニングが有名ですが、いちごは値段が高いし季節物ですので中々継続出来ない人が多いと思います。

そんな人におすすめなのがみかんを使ったホワイトニング方法です。

いちごより安価で手に入れることが出来るので、これなら継続することが出来ると思います。

今回はみかんを使ったホワイトニング方法と実践者の口コミを紹介します。

みかんを使ったホワイトニング方法

材料

  • みかんの皮(みかん1つ分)

みかんを食べ終わった後の皮でOKです。

手順

  • みかんの皮をすりつぶし、ペーストを作る。
  • ペーストを歯の表面に塗って3分待ちます。
  • 3分後歯ブラシで上からブラッシングをして水でゆすぐ。
  • 口をゆすぐ。

以上です。

これを2週間程継続してください。この頃には多少歯のくすみが取れてきている頃だと思われます。

そして3ヶ月継続することで、歯が白くなるのに期待ができます。

また、ローレルの葉をすりつぶした物のみかんペーストに混ぜることで効果が高まると言われています。参考にしてみてください。

なぜみかんにホワイトニング効果がある?

みかんにはリンゴ酸という成分が含まれています。

リンゴ酸は歯を白くする効果があります。リンゴ酸がどうやって汚れを落としているかというと、歯の汚れを浮かせて落としています。

リンゴ酸で汚れを浮かせてブラッシングで落とすといったイメージです!

他にリンゴ酸が含まれている食べ物といえば、いちごです。いちごでもホワイトニング効果が期待できます。詳しくはいちごでホワイトニング口コミをごらんださい。

またリンゴ酸を使ったホワイトニング方法として開発された「ちゅらトゥースホワイトニング」などといったホワイトニング商品もあることから、リンゴ酸はホワイトニング効果があるということが分かります。

みかんを使ったホワイトニング実践者の口コミ

みかん食べるのに飽きました…なかなか継続できません。
30代女性
みかんを食べるだけでも歯が白くなってきた気がするのは気の所為?
30代女性
2週間続けてみたらいい感じかもw
20代男性
リンゴ酸の効果を使いホワイトニングをするなら、リンゴ酸が含まれたちゃんとした商品を買ったほうが早いと思います。ちゅらトゥースホワイトニングとか
30代女性

みかんホワイトニング実践者の口コミまとめ

実践者の口コミをまとめると、継続すれば効果は見えるが、リンゴ酸を使ってホワイトニングするなら、リンゴ酸を使った商品を使えばいいという結論になりました。

歯を傷つけないでホワイトニングするのが魅力的なら、ちゅらトゥースホワイトニングがおすすめです。ちゅらトゥースホワイトニングもリンゴ酸を用いてホワイトニングしていますよ。

まとめ

みかんホワイトニングは、リンゴ酸という成分を使い、汚れを浮かせて落とします。

通常ホワイトニングとなると研磨して汚れを落としています。

みかんホワイトニングですと歯を傷つける心配はなく安心ですよね。

その代わりに即効性は低いです。毎日継続することで効果を期待できますが、毎日みかんを食べるのは大変ですよね。

みかんが大量にある人なんかは試してみても良いかも知れませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする