【歯を白くする方法】なぜいちごで歯が白くなる?実践者の口コミ!

歯を白くする方法として、いちごという斬新なアイデアがあることはご存知ですが?

いちごと聞いた人の反応は

「甘い物なんだから虫歯になって、かえって歯に悪くない?」

といった反応だと思います。

今回はいちごを使ったホワイトニング方法と実践者の口コミを紹介します。

いちごを使ったホワイトニングの方法

  1. 食事をした後に、いちごを1つ潰して歯の表面に塗って3分待ちます。
  2. 3分後歯ブラシで上からブラッシングをして水でゆすぐ。
  3. 最後にフッ素入りの歯磨き粉で歯を磨く

これを2週間程継続します。

簡単ですよね!

いちごには歯を溶かす砂糖と酸が含まれています。いちごで歯磨きをした後はフッ素が入った歯磨き粉で歯をブラッシングするのを忘れないようにしましょう!虫歯になってしまいます。

また、いちごに重曹を加えて歯に塗ると、なお良いそうです。重曹には研磨効果がありますので、いちごのホワイトニングを最大限に引き出してくれます。

重曹を使用する場合は食品用を使用してください。重曹には掃除用も販売されていますので、口の中にいれると大変危険です。
もちろん食品用の重曹でもお掃除することは可能なので、1つ家に持っておくと重宝しますよ。(食品用重曹の保存は冷蔵庫に♪)

なぜいちごにホワイトニング効果がある?

いちごにはキシリトールリンゴ酸といった成分が含まれています。

これが歯を白くする要因なんです。

キシリトールは口の中にある酸を中和させて、虫歯ができる原因である歯垢が付くのを防ぐ効果があります。

キシリトールガムも有名で同じ効果があるんですよ!

リンゴ酸は歯を白くする効果があります。歯の黄ばみを浮かせて剥がしやすくする効果があります。いちごのホワイトニングで言うと、いちごで浮かせて、その後のブラッシングで汚れを落とすといった感覚です♪

リンゴ酸は、ちゅらトゥースホワイトニングというホワイトニング商品にも含まれている成分ですね!

また、いちごにはビタミンCが豊富に含まれていますので、お肌にもいいですよ!

いちごを使ったホワイトニング実践者の口コミ

継続するのが大変ですね。これならホワイトニング商品を買ったほうが安上がりかも…
20代男性
いちごを歯磨き粉にするのが勿体無い!普通に食べちゃいますよw
30代女性
1パック使って試してみたけど、あまり効果を感じられない。勿体なかったけど良い経験になりました。
40代女性

まとめ

いちごを使ったホワイトニング方法は即効性はありません。

毎日継続する事が大切になってくるのですが、いちごは高価ですので、なかなか実践するのが難しいといった私の感想です。

農家さんとかでいちごが山ほど余っているのなら実践してみてもいいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする