【歯を白くする方法】活性炭で歯が白くなる?実践時の注意点とは

歯を白くする方法として、度々取り上げられるのが活性炭です。

活性炭を使えば歯が白くなる!と聞いた人も多いのでは無いでしょうか?

今回は活性炭で歯は白くなるのか?実践時の注意点を紹介します。

活性炭ってなんなの?

活性炭は身近なところで使われています。あなたの家にもあると思います。

それはどこでしょうか…?

浄水器や冷蔵庫の中の脱臭剤に使われているんです!

活性炭とは、石炭などを加工して、人工的に作られた炭素のことです。

作り方は簡単で、炭を1000度程度の高熱の熱を加えると、活性炭が出来ます。

活性炭でホワイトニング「歯は白くなる?」

活性炭を使ったホワイトニングの効果は人によって変わってきます。「黄ばみがとれて綺麗になった」という人もいれば、「全然効果が出なかった!」という人もいました。

効果があった人の特徴を上げると、紅茶やコーヒーなどを普段から飲んでいたり喫煙者の人には効果はあったようです。

活性炭そのものは炭ですので、やわらかく、歯の表面を削ること無くホワイトニングできるので、歯を大事にしたい人にもおすすめです。

また、活性炭は歯周病や虫歯の予防にもなるということで注目されています。

活性炭ホワイトニングは安全?

結論から言うと活性炭自体には毒性は無く安全な成分です。

しかし、活性炭は人工的に作られた成分ですが、食品として取り入れる事に関しては安全性は保証されていません。

ですので、活性炭は医薬品として認められている商品を使うようにしたほうがいいでしょう。

歯の汚れを取るために口に入れて吐き出すくらいなら害は無いと考えられますが、やはり、医薬品と認められているものを使用し、間違っても冷蔵庫にあるものを使用しないようにしましょう。

活性炭でのホワイトニングの仕方

  1. 歯ブラシに活性炭をふりかけ、そのままブラッシング!

それだけです!

注意点としては、歯ブラシと洗面台とコップが炭で黒く汚れてしまうということです。

活性炭でブラッシングする際には専用の歯ブラシと専用のコップを用意して、洗面台ではなく、コップで口をすすぐと良いと思います。

活性炭は市販では販売していないところが多く、代わりに竹炭を歯磨き粉に混ぜてブラッシングを2週間続けると歯が白くなったという口コミ情報もありました。実践してみても良いかも知れませんね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする